超!危険生物オオスズメバチ|蜂の駆除に適した時期

全国で被害急増の害獣対策

ハクビシン

得体のしれない動物が家の中に住み着いているとしたら、それはハクビシンかもしれません。ハクビシンは数センチの隙間から住宅に侵入し、屋根裏などに巣を作ります。全国に生息域を拡大しているため、糞尿などの被害が各地で相次いでいます。鳥獣保護法の対象となるハクビシン駆除には専門業者への依頼が必要です。

More...

鳥の糞害に対する対策

考える女性

鳩は人の生活圏の数多く存在します。そして、時に糞害が深刻となり、駆除の対象にもなりますが、批判を招くため、餌を置かない等の工夫にとどめています。そして、最近明らかになった鳩の習性を利用して、人の生活圏から野鳥の生活圏へ鳩を移住させる計画も始まっています。

More...

オオスズメバチは土の中

住宅

オオスズメバチの習性

スズメバチと一口に言ってもその種類は様々ですが、その中でも特に危険性が高い蜂がオオスズメバチです。その名のとおりサイズに特徴があり、とにかく見た目に大きいです。羽を動かして飛んでいる時は4〜5cm程にも感じられ、人間に本能的な恐怖を与える性質を持っています。見た目の怖さだけではなく毒性の高さも有名で、数カ所も刺されれば死に至ることもあります。そんなオオスズメバチの習性の一つに、土の中に営巣をするというものがあります。木のウロなどに営巣することもありますが、基本的には地面の下で巨大な巣を作ってしまいます。そのため繁殖場所の特定が難しく、巣が最盛をむかえる時期まで発見が遅れたり、駆除そのものが困難になることもあります。そんなオオスズメバチは、攻撃の前に「カチカチ」という威嚇音を出すことで知られています。それが聞こえたらすぐにその場を離れることで被害を最小限に防ぐことができます。

営巣は6月に開始

業者に依頼をお願いするときは、できるだけ24時間受付をしているお店を選びましょう。巣が発見された場合、すぐにでも駆除の依頼をしたいと考える方は多いでしょう。終日受付を行なっている業者は、夜間に電話すると、朝一で駆除しに来てくれます。一刻も早く蜂を追い出したい、と考えている方にピタッリのサービスです。また、業者は駆除の専門家なので、手際よく作業を終わらせてくれます。駆除が短時間ですむので、駆除の後は普段通り出勤したり、家事をしたりすることが可能です。

特徴と方法

笑顔の作業員

鳩は糞尿の臭いで他の鳩を呼び寄せてしまいます。そのため、糞尿があればその場所を気に入っていることの証拠です。住み着いてしまったら、その駆除方法としては視覚的方法があります。それ以外にもテグスや針山を使った方法もあります。

More...